sponsored link




手のひらや足の裏、顔などの多汗症について、その原因と対策

多汗症は手のひらや足の裏、顔などに必要以上の汗をかいてさまざまな支障がでている状態のことを指します。
手のひらの場合は対人折衝に支障が出たり、書類に汗がにじんでしまうなどの問題が生じます。
足の裏の場合は臭い原因になったり、衛生状態が悪化して別の症状を引き起こす原因にもなります。

たった30分で治るワキガ・多汗症
痛みもなく、傷も残らない日帰り手術

顔は主に外見的印象の問題が大きいといえるでしょう。
これらの症状は、もともと体質や神経の緊張によって引き起こされていると考えられていて、その対策には民間療法から外科手術までたくさんの方法があります。

多汗症について〜薬や漢方、ボトックスによる対策〜

>>楽天で多汗症 漢方を探すにはコチラ
多汗症の治療方法にはさまざまなものがあります。
汗がたくさん出てしまう原因の一つには、交感神経の緊張といった心理的要因も関係しています。

なので、心理的療法により多汗症の治療を行うこともあります。
その場合は心療内科か精神科を受診します。

それ以外に薬剤や漢方を使った治療もあります。
外用薬としては塩化アルミニウムという物質が、発汗を抑制する作用があるので多汗症に治療に使われることがあります。
漢方の場合は、神経の興奮を抑えるような作用のある各種漢方が使われます。
いろいろなケースがありますが、市販されているものもありますし、各種クリニックで処方してもらう場合もあります。

美容手術にも使われているボトックス注射というものがあります。
これは患部の神経伝達を阻害する効果もあるので多汗症治療に使われることもあります。
注射としても施術は簡単で、20分程度で済みます。ただし、効果には限りがあり、約半年ほど〜長くても1年くらいで再発してしまいます。
あくまでも対症療法であり、完治をめざすなら別の治療を行う必要があります。

精神療法でなおらないという場合などは、手っ取り早く外科的手術で治すのも選択肢の一つです。
従来はもっぱら交感神経を切除する方法でしたが、最近では超音波を使った方法も確率されています。

 

多汗症とワキガの違い

同じ汗にまつわる悩みとしてワキガがあります。なかには多汗症=ワキガと誤解されている方もいるようですが、多汗症とワキガは基本的には別の病気ということになります。

多汗症で問題となるのは、汗を必要以上にたくさんかいてしまうことです。

出やすいのは手のひらや足の裏です。
たくさん汗をかくことによって、そのままにしておくと臭いの元になることもあります。

しかし、ワキガとは違い清潔にすればすぐに臭いは解消されます。

ワキガは腋の下に独特の臭いが発生してしまう状態のことをいいます。
汗の量は直接関係がなく、汗の質が異なるために強い臭いが発生してしまいます。
重症化している場合は、ワキを清潔にしてもすぐに臭いがでてきてしまいます。